小田原囃子


 8 月の山神神社祭典納涼祭と 10 月の神山神社祭典・神輿と山車の巡行で、お囃子を演奏します。子供たちはお囃子の練習とお祭りでの披露を通して地域の伝統と文化に親しみを持ち、地元の友達との絆が深まります。毎年春~夏の週末にお囃子に興味のある地域の小学生が集まり練習をします。お囃子を伝承しているのが小田原囃子坂下保存会です。1985年に自治会の太鼓保存会が発足し、子供たちの演奏の練習をサポートしています。

神山神社祭典

神輿・山車巡行


神山神社は古くは別の場所に鎮座していましたが、1520年代の大永年間に現在の場所に移動しました。長い歴史のある神社です。毎年10月前半に神山神社例大祭と合わせて、坂下地区では神輿と山車を巡行する神山神社祭典が執り行われます。お囃子を演奏する 子供たちを乗せた山車をみんなで引っ張り、地域を練り歩きます。提灯の明かりをつけた山車は美しく、祭りの見どころの一つとなっています。 

さかしたイルミ


毎年クリスマスの直前に、坂下中央児童遊園地でクリスマスイルミネーションを開催しています。地域の子供たちが夕方以降に続々と集合し、 普段とは一味違うデコレーションされた 公園の雰囲気を思う存分に味わいます。

山神神社祭典

納涼祭

 

山神神社の例祭に合わせて納涼祭が行なわれます。本来の祭日が 8 月 26 日なので「ロクヤさん」「ろくやさい(六夜祭)」と呼ばれます。昔は山神神社境内等で行われましたが、現在は8月下旬に坂下中央児童遊園地で開催されます。焼きそば、綿菓子などの模擬店、櫓の上で子どもお囃子の演奏などが楽しめます。